FC2ブログ
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/06/27 (Sat) ボーヌでドメーヌ巡り

photo 3

三日間ブルゴーニュのボーヌまで車でドライブがてら行ってきました。
一面に広がるぶどう畑を突っ切って、
やっとこさ着いたレストランとドメーヌ(ブシャール・ペール・エ・フィスとビオディナミのディディエ・モンショべ)はお休みでした。
ちゃんとリサーチしたはずなのにな〜と思いながら
なんとかなるさ精神で、たどり着いたのはDomaine Chevrot。
photo 2
『あれ?なんか聞いたことあるな。。
あ、日本人のいるところだ』と分かった時にはとっても嬉しかったです。

丁寧にお仕事の説明をしてもらい、そして試飲。
Maranges 2013の赤、白を一本づつ購入しました。
とってもピュアなワイン。
かおりさん、ありがとうございます(*^_^*)

photo 1
その後立ち寄ったところでは
Bourgogne Hautes Côtes de BeauneとAuxey-Duressesを購入。

お家に帰る前にもう一軒行ったところでは写真を撮るのを忘れてました。。
Feuillat-Juillotと言うところ。日本にも卸してるとかで、
日本人は気難しいと言ってました(笑)
買ったのはMontagny les crêts 2014。

予想外だった今回のボーヌ旅行。
でも日本人のかおりさんにも会えたし、ワインも買えたしで大満足です。
また機会があればボーヌ、行きたいな。

ではまた。
A bientôt !







スポンサーサイト

コラム | trackback(0) | comment(0) |


2015/05/08 (Fri) グジェールとブルゴーニュワインでアペリティフ

Bonjour !




グジェールはグリュイエール又はコンテを入れた小さなシュー。
今回はコンテを入れてみました。

アペリティフにブルゴーニュのワインと一緒に熱々で召し上がれ。



水 250ml
コーヒースプーン一杯の塩
胡椒
ナツメグ
パター 80g
小麦粉 150g
コンテ 75g
卵 4個


1.オーブンを180°ー200°に温める。
2.片手鍋に水、バター、塩を入れる。
3. 火にかけ2分間沸騰させる。火から下ろし小麦粉を加え根気よくヘラで混ぜる。
再び2分間火にかける。混ぜるのを止めないこと。
4. 火から下ろし卵を一個づつ加えながら混ぜる。
5. 胡椒、ナツメグ、コンテを加える。
6. 絞り袋に入れ3ー4㎝の円形に絞り出す。(スプーンでも可)
7. コンテを散らしオーブンで30分焼く。

Et C’est terminé !
完成!

もし、おろしたチーズがない場合はおろし金でおろしてくださいね♪
生地が余った場合は冷凍できます。その場合はまだ凍ったままでオーブンに入れる時間を長くしてください。
ではまた♪Bon appétit !

コラム | trackback(0) | comment(0) |


2009/01/15 (Thu) ワインの世界に入って

はじめまして。
去年の8月から入った上中です。

お酒に関しては友達と飲みに行き大ハシャギする為の手段で有り、お酒の製造過程や種類など一切気にも留めず、ただ、ただ酔えればいい。
その程度の感覚でお酒と向きあっていました。
そんなお酒に関してド素人な自分がひょんな事から、お酒のプロ集団「古武士屋」で働く事になり、さあ大変だ。。。



1日目
???
1週間目
う~ん。。。意味が分からない。
3ヶ月目
なるほど。アレね。

そして、現在。
右も左も訳が分からなかった自分も少しは、プロ集団の言ってる事がちゃんと日本語として聞こえるようにはなってきた。
以外とお酒って楽しい。
ワインが充実している事で有名な「古武士屋」ですが、私が初めてワインに出逢ったのは
山梨県石和温泉のワイン工場。
衝撃的な出逢いで今でも忘れません。
温泉好きで一人ぶらり旅していて、たまたま訪れた土地が石和温泉でした。
ぶらぶらとシャッターきる心地良い[カシャッ」という音に酔いしれながら、目の前に飛び込んできたワイン工場に吸い込まれるように足を運びました。
中にはたくさんの人がいて、色々な種類のワインが試飲出来るスペースがありました。

フルーティで飲みやすくなんとなく入ったものの、気がつくと試飲の域を超えて顔を真っ赤にしながら、試飲コーナーを行ったり来たりしてすっかりワインの魅力に取り憑かれてしまいました。
ちゃっかりワインのハーフボトルの詰め合わせを買って、その日の夜に友達とおいしくいただきました。
それがきっかけで今ではワインもちょこちょこ、飲むようになりました。
ワインはちょっと。。。と思ってる方は、まずは日本国産のワインを飲んでみるといいかも知れないですね。
最近ではスーパーとかでもワインを取り扱ってる所もあるので、気軽に買えるのでワインの扉を開いてみてはどうでしょうか?
もっと詳しく知りたい、おいしいワインが飲みたくなったら
気軽に古武士屋にお越し下さい。
店頭のスタッフさんが親切に対応してくれます!

わたしは扉を開いてみたものの、奥の深さに少し戸惑ってます。
覚える事がたくさんありすぎて。。。
勉強せんといかん。
がんばります!

上中 一真



コラム | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

プロフィール

kobushiya

Author:kobushiya
小倉北区熊本町にある、ワインショップ古武士屋。
大正7年からの歴史と、フランス、イタリアなどを起点に幅広い品種のワイン、シャンパン、スパークリング、そしてリキュール類などを取り扱っております。   
お気軽にご利用下さい。 
 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

全記事を見る

全ての記事を表示する

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。